輸入住宅で心の贅沢を

最近、スウェーデンハウスなどの輸入住宅が流行っているみたいで、
町のあちこちで見かけるようになりました。
外観も独特だし、内装についても、
外国から取り寄せたものを使っているため、
まるで欧米のような気分に浸れるんですね。
リビングルームに、暖炉がついている家庭もあります。
特に、輸入住宅は、別荘地や、わりとひとけのない広々とした場所に建てると
よりしっくりする感じがします。
ログハウスのような外観の家もあって、
周りに緑を沢山植えればとても良い雰囲気があります。
ありきたりを求めるのも良いですが、
そういう心の贅沢を求めるのも良いかもしれません。
ちなみに北欧の輸入住宅は、とても機密性が優れていて暖かいのがメリットです。
北海道などではとくに重宝されているみたいですね。
それと、部屋と部屋を細かく仕切らないことで、
ひとつのストーブで家全体が温まってよいのだとか。
広々としたリビングで、一家の団欒・・とても素敵ですよね