板橋で不動産を買うときの税金

板橋で不動産を探している人にとっては、資金計画は非常に大事ものです。だいたいどれくらいの資金が必要になるのかを計算するのは普通ですが、板橋で販売されている不動産の代金と同じだけの資金を準備しても購入することはできません。ほかにもいろいろな資金が必要となってくるからです。その一つが税金です。まず、不動産取得税がかかります。これは一度きりの資金ですから、最初に支払えばそれで終わりです。そして、消費税がかかります。板橋で一戸建て住宅を購入するときには、代金は土地の価格と建物の価格の二つに分けられています。内訳を細かく見れば、これはすぐに分かります。このうち、土地については消費という性質のものではありませんから、消費税はかかってきません。しかし、建物に対しては消費税がかかります。マンションを購入する場合にも、土地を買っているというイメージはないかも知れませんが、持分に応じて土地を購入することになります。ですから、残りの建物に応じた代金に対して消費税がかかります。あ消費税に関しては、仲介手数料にもかかります。仲介業者を介して一戸建てやマンションなどを購入するときには、仲介業者に対して仲介手数料を支払うのが普通です。この時に支払う仲介手数料には消費税がかかりますから注意が必要です。分譲物件であれば、仲介業者を通さないケースが多いですから、考えなくても良いです。税金としては固定資産税や都市計画税もあります。固定資産税や都市計画税は、1月1日の所有者に対して課税されるものですから、直接的に支払う必要はありません。ただ、保有している期間に応じて按分するのが習慣となっていますから、例えば年の真ん中で売買した場合には、買い手に対して半年分を支払うのが普通です。一戸建てを購入する場合であっても、マンションを購入する場合であっても、売買契約書は作成するのが普通です。後々のトラブルを防ぐために売買契約を結ぶのが普通なのですが、この場合ときには売買代金に応じて印紙を貼らなければなりません。印紙は印紙税という税金の一種です。多くの人は一戸建て住宅やマンションを購入するときに住宅ローンを組みます。住宅ローンを組むときには、ローン手数料を支払わなければならないのが普通ですが、この手数料にも消費税はかかります。また、ローンの契約書には、やはり印紙を貼らなければなりませんから、ここにも税金がかかってくると考えておく必要があるのです。