一戸建てに住んでみて感じたこと

私はこれまで一戸建てに住んだことがなかったのですが、姉夫婦の家に居候させてもらっていたことがありました。
中古の一戸建て住宅を姉夫婦が購入したことに合わせて、一室、私も使わせてもらうことになったのです。
ちなみに、それまでは私一人でアパートでの生活をしていました。
一戸建てに住んでみて、まず、感じたことは、電気代などの公共料金がとてもかかることです。
アパートでの一人暮らしとは全く異なっていたため、料金明細書を見た時には驚いたものです。
でも、これは当然と言えるのかもしれません。
一戸建てともなると部屋数が多く、それぞれの部屋で電気を使うからです。
それに、トイレも一階と二階にありますし、家族の人数が多ければ多いほど、水や電気を使う量も多くなって当然だということに気付きました。
でも、やはり一戸建ては快適に感じます。
アパートやマンションと違って、壁一枚で隣の家と繋がっているわけではないからです。
その点がとてもいいな、と思いました。